ページ上部

施工例

超撥水剤塗布例

撥水剤塗布済

超撥水

超撥水  高度な撥水性によって、面に対して150度を超える接触角で水滴が接する現象のことを、超撥水といいます。
 従来の防水剤では塗布した面をコーティングし、そのコーティングによって内部の湿気も外に逃がさないため、かえって劣化の原因となってしまいます。
 超撥水剤はナノ粒子を浸透させるため、人間の目には見えず見た目の変化がありません。
また、塗布物内部の湿気も外に逃がすことが出来ます。湿気が原因のカビの繁殖も防ぎます。
そして、超撥水剤が原因の劣化は生じません。
(右の画像は塗布後、雨に濡れている様子です)

塗布例

2011年2月に塗布した壁面です。これから数ヶ月毎に壁面を更新していきます。
(縮小画像をクリックすると右側の画像が切り替えられます。)

2011年2月塗布
  • 2011年2月塗布
2011年2月塗布

塗布の様子

透明で見えませんが、噴霧器で塗布中の画像です。

塗布の様子 塗布の様子

ページ上部へ